Q 私は、日本に住んでいる外国人ですが、どのように遺言を作成すればよいでしょうか。

日本の法律に従った遺言を作成できます(遺言の方式の準拠法に関する法律)。住所のある国の方式の遺言は、多くの国で有効とされています。ただし、念のため、ご相談者が財産を有している国の法律が、日本の遺言の効力を認めるかどうかチェックする必要があります。

なお、不動産については、不動産所在地法域の法律、預金については、その銀行により認められる文言による遺言にすることが必要です。

【さつき法律事務所とは】 http://www.satsukilaw.com

さつき法律事務所は、外国人を当事者とする案件において、先駆的な役割を果たしてきました。数多くの離婚、国際離婚、子どもの問題の案件も扱ってきました。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、タガログ 語等に対応可能な数少ない多言語対応事務所です。初回の法律相談は、(30分まで)無料です。その後は、30分毎に 5000円(消費税別途)の相談料がかかります。簡易な内容であれば、メールでの法律相談での回答も可能です。

さつき法律事務所へのご相談は、お電話にてご予約下さい。
03-5261-8291(受付時間 平日9:30~17:00)